エコ・ブレインがごみ処理料金を一つひとつ適正化。根拠ある方法で大幅な経費削減とごみ問題の解決をサポートします

様々なごみ問題に精通したエコ・ブレインの専属スタッフが直接現地を見てごみコスト削減の種を見つけます。

  • 現行価格に対する不信感
  • 年度替わり時の予算の見直し
  • 古紙類をリサイクルしたい
  • 全店舗のごみ処理を統一したい
  • 適正分別のアドバイス
  • 仕入れ変更により排出量が減った
  • 行政処理費改定に伴うコスト見直し
  • 売上高が下がっている
  • 可燃ごみ
    合計222.8t
    ごみ料金
    約948万円/年

    生ごみと多くの段ボールが
    可燃ごみとして回収されている
    実態を調査改善しました。

    1. 1.生ごみの水切りを徹底 25.3t減量
    2. 2.段ボールの分別を徹底 36.2tリサイクル
    可燃ごみ
    合計161.3t
    ごみ料金
    約808万円/年

    年間140万円削減
    15%のコストダウン達成!

  • トラブル対応の手間を先回りして根本から改善

    近隣住民からの異臭・騒音クレームや、回収業者様の未回収が
    頻発したりトラブル対応に本部はいつも追われている状況でした。
    そこで、私たちがそのすべてを一手に引き受け、
    まずは状況整理から根本的な問題点を洗い出し、
    一つ一つ対策を施していったのです。その結果本部の対応時間が
    減少し、現場が円滑に進むようになったと喜ばれております。

  • 別途、店舗ごとの処分費も把握することができます。

  • 45店舗合計ごみ費用
    約3600万円/年
    店舗毎の利益率の差
    最大15%~最小8%
    ごみ処理の事務作業
    約384時間/年

    エコ・ブレインが全てをデータで可視化して
    現状の問題点を明確にしていきました

    総排出量
    900t/年⇒810t/年
    店舗毎の利益率の差
    最大17%~最小13%
    ごみ処理の事務作業
    約96時間/年

様々なごみ問題を解決してきた廃棄物の専門家が
どんなごみの悩みも適切な解決方法をご提案いたします。
一元管理を考えている、粗大ごみをたくさん出したい、
料金の見直しをしたい、ごみの分別方法を詳しく知りたい、
どんな些細なことでも構いません。
そのお悩み、私たちに一度お聞かせください!
全国各地に協力ネットワークがあるからこそ全国対応可能。
北海道から沖縄まで、全国いかなるところでも、
弊社ごみの専門家がお伺いさせていただきます。

ご相談窓口 メールでのお問い合わせはこちら>>

お電話ありがとうございます。エコ・ブレイン受付担当小山でございます。

初めまして野村と申します。
ごみ処理について分からないことを色々とwebで調べていたら御社HPを拝見し、
無料相談とのことでお電話いたしました。

野村様、お問合せありがとうございます。ご相談内容によって担当の専門スタッフが
現地にてご対応いたしますが、まずは大枠で結構ですのでお教えください。

弊社が運営している飲食チェーンより出るごみについてです。
新年度より現在わたしの所属する部署が廃棄物の担当窓口をやることになりました。
しかし何から具体的に始めるべきかわからず、まずは廃棄物の知識をつけようと
web調査をしていたところです。コスト削減やコンプライアンス、
過去着手していなかったところから整理していこうとは思っているのですが・・・。

承知いたしました。おっしゃられた通り整理をしていくことが非常に大切であると
弊社も考えています。何から進めるべきなのか優先順位を決める、
その決める作業に必要なことは情報整理であり現状把握だと思います。
でもその作業を一から自ら行おうとすると、とてつもない労力と時間が掛るものですよね。
そこを弊社がお手伝いサポートさせていただければ幸いです!

そうなんですよね。
他の業務もあり、あまり手間暇を掛けたくない掛けられないのが本音なんです・・・。
情報整理、現状把握とはどのようなことをしたらいいですか?

まずは各店舗様において契約されている許可業者様の一覧をデータ化します。
例えば1つの品目に対して運んでいる会社はどこか、処理している会社はどこか、
最終的にどのような完結方法となったかなど処理フローと言われる廃棄物に関する
現状図式を作ります。どこに何を委託しているのか明確にすることが第一歩となります。
もちろん作成は弊社が代行いたしますのでご安心ください。

なるほど!確かにそんな一覧があると非常に助かります!
現在うちには請求書の支払い一覧はありますが、
どの企業が運んでどの企業が処理しているのかはわからないです。
ビル管理会社様から請求がきているパターンもあると思いますし、
他に何があればコスト削減とコンプライアンス強化に繋がりますか?

情報量はもちろん多ければ多いほど良く、コスト削減の検証材料となります。
例えば各店舗様のごみの排出量、分別状況、排出場所、回収される頻度、時間など、
様々チェックするポイントがございます。
ほかにも上記のような現場を主体とした情報以外に現行価格、契約書締結状況、
締結内容、許可証の確認、管理伝票の有無、行政提出書類などのポイントもございます。
まずは現場の把握からが良いかもしれませんね。

わかりました。
店舗ごとにこういったものがあると助かりますし、知っておく必要があると思いました!
まずは現場でも出来ることが何なのかも含めて把握していきたいです。
もっと詳しくお話しをお聞きしたいのでまずは打合せをお願い出来ませんでしょうか。
ちなみにまだ御社にお願いするか決めていない段階でも可能なんでしょうか?

もちろん可能です。
弊社からのご提案、業務内容(サービス)をご理解いただいた上で改めてご検討ください。
難しいことを分かりやすく親切丁寧をモットーにしております。
それでは弊社専門スタッフより日程等のご連絡をさせていただきますので、
今しばらくお待ちください。
また、当日守秘義務契約書をお持ちいたします。ご安心ください。

安心しました、ありがとうございます。それではよろしくお願いします!

コールセンターにて、詳しい状況はお聞きするのですが、やはり現場に足を運びお客様と直接打ち合わせをしていく中で、
初めて気がつくことがあります。私たちはこれまで数多くのごみ問題の事例を扱ってきました。
実際にお伺いするといくつものごみ問題の種が見つかります。お客様にご満足いただけるご提案をして、
より良い環境を作っていくことがコンサルティング会社であるエコ・ブレインの責任です。

株式会社エコ・ブレイン第一営業部の安田と申します。本日はよろしくお願いいたします。
早速ですが、質疑応答形式にて御社様のコスト削減可能ポイントを
診断していきたいと思います。
もちろん現状の契約内容や情報整理を前提とした上で最終ご提案とさせていただきます。
まず実務的なところからとなりますが、各店舗様の現行排出量、
排出品目、回収頻度等は把握されている、もしくは把握することは可能でしょうか?

現在把握はしていませんが、することは可能かと思います。
本業がありますのでどこまで出来るかはちょっと自信が・・・。
ちなみにどのような作業が必要ですか?

例えば弊社専用フォーマットに情報を埋めていただくことから始めましょう。
逆に埋められない項目が調査対象となります。

なるほど。
でも結構書き込む情報量が多いんですね。
おそらく半分くらいしか埋めれないかと思います・・・。

御社の業態と状況に合わせたフォーマットを再作成いたしますのでご安心ください。
また、埋められなかった内容(情報)に関して弊社が代行調査をすることも可能ですよ。

それは助かります。
この情報を埋めると何がわかりますか?

この情報からは目安となる委託金額の試算が出来ます。
排出量が多ければ処理費がかかる、少なければ逆。これは当たり前ですよね。
排出量の把握は最優先順位です。
そしてこの排出量に見合った回収頻度が設定されているかどうかです。
品目ごとに排出量は様々かと思います。
回収頻度が必要以上に多ければ双方に無理ない頻度に設定をし直し、
委託業者様の負担減少作業効率アップに協力してあげることも一つです。
お互いにメリットある良い関係を築くことが適正な委託金額設定には必要なんです。

なるほど!
確かに効率的な回収条件に変更すれば業者さんも喜びますよね。
でも回収頻度を減らすと料金は下がるものなんですか?
1回減らすと何%減などの目安はありますか?

コスト削減に繋がる可能性は高いです。
廃棄される量が変わらなければもちろん処分費も変わりません。
ただし、運搬費に関しては別です。
極端な話、毎日回収をする設定と月に1度だけの設定では根本的に効率が違いますよね。
一度にどれだけの廃棄物を回収することが出来るかで委託料金に対しての
交渉材料となってきます。目安に関しては一概には言えません。
そもそも運搬費は各許可業者様のルート状況や自社試算の中で決められている部分が多く、
要相談となります。その為に現状把握はやはり大切な作業となってきます。

少しずつですが、分かってきたような気がします!
今は毎日回収をしてもらっていますが、コスト削減に繋がるなら減らしてみようかな・・・。
他にも何か現場で出来る良い方法はないですか?

そうですね、分別と捨て方を見てみましょうか。
分別することでごみからリサイクルに変わるものもございます。
また、捨てる前に水切りの一手間を加えるだけで30%減になった例もございます。

どうなんでしょうか?
今の業者様からは特に何も言われていないので昔からこんな形で捨てています。

パッと見て今日からすぐ取り組んでいただきたいことは2つです。
まずは再生可能な細かな古紙類の分別です。
混入されていることでごみとなり、分けることでリサイクル有価物に早変わりします。
物量にもよりますが、お金を[払う側]からお金を[貰う側]となる場合もあります。
次に水分。
原始的ではありますが、捨てる前に一回水切りするだけで30%は減量に繋がります。
お忙しいとは思いますが、この一手間が大切なんです。

シンプルなのにやっていなかったことが多いと感じました。
まずは今日から取り組んでみます!
でもアルバイトさんも多く周知徹底出来るか心配です。

意外とそこが悩みだったりしますよね。
単純作業であってもお店が混雑してしまうと接客メインで
ごみ捨ては二の次になってしまいますよね。
ここもシンプルな一手間で現場にストレスを感じさせない分かりやすい環境を
作ってあげることが大切です。

そうですよね。
分かりやすい方法ってどんなものがありますか?

例えばですが、ごみ箱を一つ増やしてください。
ごみを捨てる箱が無いから一緒になってしまいます。
しっかり見えるところに何のごみを捨てる箱なのかを記載してあげるともっと良いですね。
とあるお客様では品目ごとにごみ袋の色を変えているなんてこともあります。
要はマニュアル作成や習慣をつけることが大切ですね。
もちろん弊社でも環境グッズの販売やリースをおこなっておりますのでご検討ください。

従業員に負担も掛からずいいですね。
是非採用していきたいと思います!
そもそもごみとしない工夫、リサイクルする工夫が理解出来ました。

店舗様の工夫と努力が料金にも反映されます。
本社様や私達はサポーターであり、アドバイザーといった立ち位置になります。
もう1点、先程お話した大切な作業があります。
それがごみの排出量把握です。
把握する為に一定期間「計量」をする必要がございます。

わかりました!
お店としては具体的に何をしたらいいですか?
日数はどれくらいですか?

計量期間が多ければ多いほど良いですが、平均値を見るという意味では平日5日間、
週末2日間は確認したいですね。弊社も立会をさせていただきます。
各ごみの品目ごとに計量機にて㎏を測定し、袋数のカウントもおこないます。
排出量を把握することで処理費を明確にし、
その量に合わせた回収頻度を設定することが出来ます。
実はお話した作業は全て一つ一つ結果に繋がっているんです。

分かりやすくご説明いただきありがとうございました!
弊社としてもプラスになる実感がわきましたので継続的なお付き合いを希望します。
まずはモデル店を作っていきたいですね。

ありがとうございます!
モデル店舗様からのトライアル、承りました。実際の効果をみていただきたいです!
まだまだ他にも多くの効果的作業をご提案出来ますので
是非今後ともよろしくお願いいたします。

店舗様にて平日5日間、週末2日間の合同計量調査を行いました。
まずは自らが出している排出量を把握し、品目ごとに比率を確認します。
比率の高い順よりどのように削減する為の工夫が必要か対策を考えます。
また、本排出量は委託金額試算をおこなう際に非常に重要です。
廃棄物は基本的に1㎏いくらの処理費でいくらの運搬費か、
そして回収諸条件等が加味されます。もちろん査定は弊社で行い
専用ファームにて分かりやすくご報告いたしました。

排出事業者様に分別と減量のご理解とご協力をいただき、
再計量の実施を行いました。効果としては最終的に1年後、
単月で約700㎏の減量リサイクルに成功いたしました。
その上で許可業者様との交渉が始まります。
許可業者様も減量等の改善を実感していただき、
2ヶ月更新での見直しにご協力いただきました。
見直し金額は単月34,000円マイナスとなります。
双方合意の上での適正料金設定が料金見直しには大切な作業と
強く感じました。

店舗様売上高の増減は排出量にも少なからず影響があります。
特に飲食店様では繁忙期排出量が増加、
これはサービスを提供する際に必ずとして連動いたします。
契約形態にもよりますが、売上は下がったが、ごみ料金は変わらない。
もっと調べるとオープン当初の繁忙期にて契約金額を設定し、
見直しをしていなかったとのことでした。

携帯電話の料金プランと同じく、
廃棄物に関してもその時その時にあった料金設定が
コスト削減につながる場合がございます。
ただし、委託業者様に対して適切な説明と根拠が
無ければ同意は得られません。
これまで多くのごみ処理コスト削減の実績を重ねてきました。
経験値の高い専門家だからこそできる調査と資料作りで、
委託業者様にご納得していただいてきました。
適切な説明と根拠があるからこそ、
交渉を真摯に行っていくことで改定に導くことができます。

モデル店をきっかけに水切りや分別から徐々に始めて約4年。
現場調査→課題抽出→改善策の実施→効果の発生と段階を踏んだ作業が分かりやすかったです!
どんな作業や工夫をすると可視化やコスト削減に繋がるのか理解出来ました。
定期的な計量を今も実施しており、店舗売上と比較することで正常化されているか判断材料の一つにもなります。
今回は経費削減にも大きくご協力いただき助かりました。今後ともよろしくお願いします!

あっという間の4年ですがしっかり効果が出て私たちも安心しました。
でもこの結果はお客様と委託業者様の努力と工夫です。
その仕組みの中で弊社は少しサポートをさせていただいた次第です。
何をすればどのような効果が出るのか理解する、そして行動に移す、結果が出る。
この繰り返しであると私自身も再確認させていただきました。
ごみの品目によって処理方法はもちろんのこと料金も様々です。
適正に安価に処理するには分別が必要です。まずはごみを出さない工夫、
ごみにしていたものをごみではなくす工夫、ごみであれば排出量自体を減らす工夫、
これが3Rかと思います。ほんのちょっとの工夫をしてみる、これが大切ですね。
今後も喜んでいただけるように継続的なご提案とサポートを行っていきたいと思います。

段ボールは買取りしてくれるの?

しております。ただし、地域によってはその限りではありません。
段ボールの買取りによって通常の料金がお安くなることもございます。

業者から値上げがきました。普段と同じ量のごみしか出してません。どうしてですか?

ごみの処理費用は各市町村ごとで異なり、その各行政の裁量で処理費用が変更されることがございます。
その場合は、その処理費用が反映されるため、金額が変更することがございます。

同じエリアに複数店舗あります。バラバラの業者をまとめるとやすくなりますか?

その可能性はあります。規模にもよりますがスケールメリットによってお安くなる場合はございます。

御社にお願いすると必ず安くなりますか?

申し訳ありません、必ずとお約束することは出来ません。あくまでも適正価格でお取引をいたしますので、
現行の価格より高い見積もりとなる場合もございます。

そもそもコンサルティング会社を入れると高くなるのでは?

管理費はございますが、あくまでも弊社では、適正価格でご提示いたします。
必ずしも現行価格より高くなるわけではございません。

請求書のとりまとめだけなどの部分的な管理もしてもらえますか?

できます。ごみの回収だけでなく、床清掃やグリストラップ清掃など他の業務も行っております。
お気軽にご相談ください。

グリストラップ槽からの臭いを解消したい、
専門の業者に排管をきれいに清掃してほしい、
臭いの根本的な原因を解消したい、配管の詰まりや逆流などの
トラブルを防ぎたい、正しいメンテナンス方法を知りたいなど、
グリストラップ清掃や店舗内の臭い問題はお任せください。
そのままにしておくと大きなトラブルになる可能性もあります。
ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

カラスやねずみなど被害を防ぐために出来ることはないか、
近隣への迷惑を減らしたい、店舗を清潔に保ちたい、
動物・害虫の駆除方法を教えてほしい、安全に解決したいなど
動物や害虫の被害にお悩みならエコ・ブレインにお任せください。
出来る対策は沢山あります。
その中から一番良い方法で解決していきます。
お気軽にエコ・ブレインへお電話ください。

ごみの問題は複雑なこともあり、お客様ご自身がすべてを把握して対処することはとても困難なことです。
だからこそ私たちが、煩わしいごみ問題の悩みを明確にしていき、一つ一つ解決していくためのお手伝いをしてきました。
ごみ問題のコンサルティングを通して、より良い環境で働けるお手伝いをすること、お客様のお役に立ち喜んでいただくこと、
それが私たちの使命でありこの仕事を続ける理由でもあります。

  • ごみ処理コスト削減
  • 臭い・汚いどうにかしたい
  • 動物被害・害虫駆除
  • 食品リサイクル
  • ごみの手間ひまをすべて解消
  • マニフェスト・行政資料作成
  • ハウスクリーニング・買取
  • オフィス引っ越し
  • 企業のごみ処理管理
  • チェーン店のごみ処理管理
  • 個人店舗のごみ処理管理
  • ごみ処理管理システム

ご相談窓口 メールでのお問い合わせはこちら>>

PAGE TOP