全国で20000件のお悩みを解決してきた廃棄物コンサルタントのエコ・ブレインが解決した事例や身近な情報を掲載しております。

産業廃棄物などお客様のお悩みに近い問題の解決事例や身近な情報がございましたら、参考にしてください。

  • 物流センター 資源物

    2016年4月4日

    物流センターより作業時間の削減、高齢者作業員への負担軽減についてのご相談

    物流センターより作業時間の削減、高齢者作業員への負担軽減についてのご相談

    東北にある物流センターのセンター長様より連絡が入りました。段ボールを潰してカゴ車に整理し、積込む作業を無くせないだろうか?(※作業時間の削減、高齢作業員への負担の軽減が目的)また、各店舗で使用したジャーナル(日誌、記録等)の控えを一定期間保管しなくてはならない。よって、倉庫内には段ボール箱に入れられた書類が山積みとなり、古いものから廃棄しても、回収業者からは量の割りには重量がない為、今回、積込みに関る時間、手間との項目にて値上げがきており対応の仕方がわかりません。

    担当:井上崇之

    解決方法

    先ずは、段ボールを潰してカゴ車に積込む件ですが、弊社協力企業に潰していない状態(組み立ててある状態)での回収について確認を致しました結果、回収が可能との回答を得ました。また、その他の古紙類につきましても、物により再利用可能であることがわかり、分別の為の「廃棄BOX」をご提案。色や形を変えたBOXにより、廃棄する際の分別のわかり易さも強調。更に「買取」という条件も付け加えることにも成功。

    次に、ジャーナルの件になりますが、倉庫における、車両制限、回収時間の規制等、課題の抽出を行い、条件との擦り合わせを実施。センター長様の承認を頂き、両社との代理交渉を行いました結果、使用車両の変更、回収時間変更、到着時の荷出し協力等、根気よく交渉を行い、改善に繋がりました。
    結果、回収効率のアップ、倉庫側としては車両渋滞時間の短縮とスケジュール化、排出事業者様は料金の安定化と3WINの実現。

    スタッフの解説

    お客様より、何をどうしたら良いのか判らない中で、代理交渉をしてくれたのは非常に助かった、とのお言葉を頂き、かなり手のかかる事例でしたが、必ずどこかに切り口があると実感しました。

  • ごみ処理コスト削減
  • 臭い・汚いどうにかしたい
  • 動物被害・害虫駆除
  • 食品リサイクル
  • ごみの手間ひまをすべて解消
  • マニフェスト・行政資料作成
  • ハウスクリーニング・買取
  • オフィス引っ越し
  • 企業のごみ処理管理
  • チェーン店のごみ処理管理
  • 個人店舗のごみ処理管理
  • ごみ処理管理システム

ご相談窓口 メールでのお問い合わせはこちら>>

PAGE TOP